大手ファクタリング会社の一覧!手数料が安くて安心の業者はどこ?

大手ファクタリング会社

ファクタリングに関わらず何らかのサービスを利用する場合には大手企業を選ぶのが通常かと思います。

その理由は大手の持つ信頼性にあり、安心して取引できるというところが大きいのではないでしょうか。

そこで今回は大手ファクタリング会社を一覧で徹底的にご紹介

読み終わった時には、ご自身の置かれた状況と照らし合わせどんなファクタリング会社を選べばベストなのかが分かるようになります。

銀行系大手ファクタリング会社3社を一覧比較

大手ファクタリング会社と言ったときに外せないのが銀行系ファクタリング会社です。

特にここで紹介する大手3社はそれぞれ

  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行

が100%出資しており親会社・子会社という関係になっています。

設立 提供サービス 手数料 営業時間
三菱UFJファクター 1977年6月 3社間のみ 記載なし 平日9:00〜17:00
みずほファクター 1977年4月 3社間のみ 記載なし 平日9:00〜17:00
SMBCファイナンスサービス 1972年12月 3社間のみ 記載なし 記載なし

銀行系大手ファクタリング会社の特徴

これらは日本人ならば誰もが知っている銀行であり、金融機関としても大手のファクタリング会社ですので信頼性が高いことは言うまでもありません。

間違っても詐欺行為に引っかかることはないですし、ファクタリングを怪しいと思っている方でも安心して取引に臨むことができるのは大きなメリットです。

三菱UFJファクター株式会社

三菱UFJファクター株式会社

三菱UFJファクター株式会社は1972年11月にオリエントファクター株式会社として設立されました。

その後、合併により言わずと知れた三菱UFJ銀行の完全子会社となり、運営されているファクタリング会社です。

設立 1977年6月
提供サービス 3社間ファクタリング
手数料 記載なし
営業時間 平日9:00〜17:00

みずほファクター株式会社

みずほファクター株式会社

みずほ銀行の完全出資により設立された『みずほファクター株式会社』。

国内ファクタリングだけでなく国際ファクタリングも提供しており、国際ファクター連盟より世界各国約400社のファクタリング会社の中から「年間優秀輸出入ファクター賞」に抜擢されるほどの大手です。

設立 1977年4月
提供サービス 3社間ファクタリング
手数料 記載なし
営業時間 平日9:00〜17:00

SMBCファイナンスサービス株式会社

SMBCファイナンスサービス株式会社

SMBCファイナンスサービス株式会社は1972年(昭和47年)に『日本ベンチャーキャピタル株式会社』として設立されました。

それ以降、紆余曲折を経て現在では株式会社セディナ(SMFGグループ=三井住友フィナンシャルグループ)の子会社となっています。

設立 1972年12月
提供サービス 3社間ファクタリング
手数料 記載なし
営業時間 記載なし

銀行系大手ファクタリング会社のデメリット

上記で見た3つの大手ファクタリング会社に関しては、言うまでもなく信頼性抜群です。

しかし、大手が常に最高のサービスを提供しているかというとそうではなく、大手には大手ならではのデメリットというものが存在します。

2社間ファクタリングの取り扱いがない

銀行系大手ファクタリング会社は3社間ファクタリングのみを提供しており、2社間ファクタリングの取り扱いがありません。

銀行系大手は3社間ファクタリングが得意で、その分手数料が割安ではあります。

しかし、中小企業の経営者・個人事業主にとっては2社間ファクタリングの方が需要があるのが現実です。

なぜ2社間ファクタリングの取り扱いがないかについて等、詳しくはこちらをご覧いただけたらと思います。

銀行系ファクタリング会社とは?メリットや手数料を解説

審査が厳しい

手数料が安いのは良いことですが、その代わり審査が厳しくなります。

これは融資でも同じですが、大手になればなるほど利息・手数料が下がっていく代わりに審査内容は厳格になっていきます。

リスクを出来る限り排除することで低い利息・手数料を実現していると言うことができます。

審査に時間がかかる

ファクタリングという資金調達手段のメリットの一つがスピード調達です。

大手銀行系ファクタリング会社の場合は審査に時間がかかってしまうためにこのメリットが活かしきれません。

結局のところ、資金繰りが悪化してファクタリングの利用を検討している中小企業オーナーにとっては使い勝手が悪いのが実態です。

独立系大手ファクタリング会社5社を一覧比較

それでは銀行が親会社として運営されている銀行系ファクタリング会社ではなく、ファクタリングだけを専門に取り扱うために設立された企業(=独立系ファクタリング会社と呼びます)を見ていきましょう。

設立 提供サービス 手数料 営業時間
三共サービス 2001年7月 2社間 / 3社間 1.5%~ 平日9:00〜19:00
ファクタリング東京 1998年5月 2社間 / 3社間 明記なし 平日9:00〜19:00
ベストファクター 2017年1月 2社間 / 3社間 5~20% 平日9:00〜19:00
日本中小企業金融サポート機構 2017年4月 2社間 / 3社間 明記なし 平日9:30〜19:00
ビートレーディング 2012年4月 2社間 / 3社間 最安宣言 平日9:30〜19:00

株式会社三共サービス

2001年からファクタリングサービスを提供している大手ファクタリング会社の『株式会社三共サービス』。

手数料設定に定評があり、3社間ファクタリングであれば1.5%~の手数料で利用でき、一般的に手数料が高くなりがちな2社間ファクタリングでも5%~になっています。

設立 2001年7月
提供サービス 2社間 / 3社間ファクタリング
手数料 1.5%~(2社間)/ 5%~(3社間)
営業時間 9:00〜19:00(平日のみ)

株式会社三共サービスの口コミをチェック

ファクタリング東京

設立が1998年と、老舗・大手ファクタリング会社である『ファクタリング東京』。

売掛先1社に対して、10万円~1億円まで幅広い売掛金を買い取ってくれるという心強い味方です。

社名に東京という文字が入っていますが勿論東京に限らず全国対応しています。

設立 1998年5月
提供サービス 2社間 / 3社間ファクタリング
手数料 明記なし
営業時間 平日9:00〜19:00 (Webなら24時間)

ファクタリング東京の口コミをチェック

ベストファクター

平均買取率が91.5%と、買取できる債権の幅が広い『ベストファクター』。

最小買取額も25万と低額で、中小企業はもちろん個人事業主でも利用しやすいファクタリング会社です。

平均買取額は419万5000円ですので、取引規模がそこまで大きくなく売掛金の債権額が低い会社には重宝されそうです。

即日振込実行率に注目してみると、78.5%という高い数値を記録いていますので、即日での資金調達を急いでいる方は候補に入れたい業者ですね。

設立 2017年1月
提供サービス 2社間 / 3社間ファクタリング
手数料 5~20%
営業時間 9:30〜19:00

ベストファクターの口コミをチェック

日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構

郵送で契約ができてしまう『日本中小企業金融サポート機構』。

一般社団法人である同機構は非営利団体としてサービスを提供しています。

ファクタリングを利用する際に最も心配するであろう「詐欺業者に騙されるのではないか」という部分を完全に払しょくできるのがメリットです。

設立 2017年4月
提供サービス 2社間 / 3社間ファクタリング
手数料 明記なし
営業時間 平日9:30〜19:00

日本中小企業金融サポート機構の口コミをチェック

株式会社ビートレーディング

 

大手独立系ファクタリング会社の中でも安定感を示している『ビートレーディング』。

即日対応・手数料水準などに定評があり、信頼できる大手ファクタリング会社の一つです。

2社間取引の取り扱いが得意で、迅速な資金調達を求めている方にお勧めできます。

設立 2012年4月
提供サービス 2社間 / 3社間ファクタリング
手数料 明記なし ※業界最安手数料挑戦中との記載あり
営業時間 平日9:30〜19:00  (Webなら24時間)

株式会社ビートレーディングの口コミをチェック

まとめ

金融系企業の大手といえば真っ先に思い浮かべるのは大手銀行だと思います。

実際にファクタリング業界においても、三菱UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行が出資する銀行系ファクタリング企業が存在します。

しかし、ファクタリングの特徴である迅速性が大きく損なわれている点であまり使いづらくないというのが大手銀行系のメリットでもあります。

利用を検討されている場合には独立系ファクタリング会社から選ばれることをお勧めしますが、どこがいいかピンと来ていないという方は、手数料の上限と下限が明記されていて信頼できるベストファクターを使ってみると良いのではないかと思います。

ベストファクターの口コミをチェック