【口コミ調査】日本中小企業金融サポート機構の気になる評判を徹底リサーチ!

日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構は東京都港区芝公園にあるファクタリング事業者です。

一般社団法人という気になる業態を取っている同社ですが、怪しいイメージのあるファクタリングにおいて信頼できる団体と言えるのか非常に気になる存在です。

ファクタリングだけでなく以下のようなサポート業務も行っているので資金調達のあらゆる面で頼りになりそうです。

・助成金・補助金
・在庫買取
・M&A・事業継承
・事業マッチング

ネット上で見つかるこの一般社団法人に対する口コミ・評判を検証します。

日本中小企業金融サポート機構の良い口コミ・評判

良い口コミ

 

これまでたびたび他社のファクタリングを利用していましたが、高額な手数料がネックとなり逆に経営を圧迫してしまっている状況でした。
より安価な資金調達先を探していたところ日本中小企業金融サポート機構が目にとまりました。
手数料査定フォームで現状の半分程度の手数料だったため、現在はこちらにお世話になっています。

引用元:https://www.carinavi.org/company/slweb.php

個人事業主のデザイナーです。かなり大規模の修正が入ったため、資金が底をついてしまい困っていました。売掛金が200万ありましたので、日本中小企業金融サポート機構で買い取ってもらい、難を逃れホッとしています。個人事業主でも取引してもらえる日本中小企業金融サポート機構はありがたい存在です。

引用元:https://xn--bck2ad3dwftfrc0547abbyceb2atb4c.net/comparison-sme/#i-2

仲間からファクタリングという手法を聞き調べたところこのサイトで日本中小企業金融サポート機構を知りました。
ファクタリング会社と調べると怪しい会社が多い中、まともそうだったので選びました。
電話の感じも丁寧で信頼できるかと思います。

引用元:https://www.carinavi.org/company/slweb.php

社員に資金繰りに困っていることは悟られたくなかったため、2社間ファクタリングを利用しました。その上郵送での申込みが可能でしたので、売掛先はもちろん、従業員にも知られることなく資金調達ができて大変満足しております。

引用元:https://xn--bck2ad3dwftfrc0547abbyceb2atb4c.net/comparison-sme/#i-2

日本中小企業金融サポート機構の悪い口コミ・評判

悪い口コミ

2社間取引を選択したからか、手数料の格安感があったかはわかりませんが郵送のみでスムーズにやり取りできた点は評価します。

引用元:https://www.carinavi.org/company/slweb.php

祖父の代から続く町工場を経営していますが、常に資金難に悩まされています。
銀行融資となると膨大な資料を準備して、何度も足を運び頭を下げて…というプロセスになりますが、ここのファクタリングなら郵送書類だけで数日で現金化できます。
手数料が馬鹿にならないので高額調達には向きませんが、数百万円レベルの資金ショートでは小回りの効く有効な手段と言えますね。

引用元:https://www.carinavi.org/company/slweb.php

日本中小企業金融サポート機構の口コミ・評判まとめ

良い口コミまとめ
  • 手数料がこれまで使っていた業者の半分程度だった
  • 個人事業主でも買取してもらえた
  • 電話での対応が丁寧だった
  • 売掛先と従業員にバレずに資金調達できた
悪い口コミまとめ
  • 手数料が格安だったかは分からない
  • 手数料が高いので高額調達には向かない

日本中小企業金融サポート機構は非常に珍しい一般社団法人という形態を取っています。これは株式会社のような利益を追求する組織ではなく、営利を目的としない非営利団体ということです。

もちろん従業員へ給料を払うために利益を出す必要もありますが、より顧客目線になって運営をすることができるのが特徴です。

例えばその特徴の一つとして同機構では面談なしの郵送契約を受け付けています。

これは非常に画期的な対応で、地方で会社を営んでいる方はわざわざ関東エリアまで足を運ぶのが大変なことは想像に難くないですね。

資金調達にかける時間の面でも、契約までにかかる費用の面でもかなり無駄が省かれた仕組みになっています。

日本中小企業金融サポート機構 公式サイトへ

日本中小企業金融サポート機構の特徴

日本中小企業金融サポート機構の大きな特徴はこの4つです。

  1. 一般社団法人=非営利
  2. 郵送契約が可能(来店不要)
  3. 簡単10秒で手数料無料査定
  4. 少額・個人事業主でもOK

1.一般社団法人=非営利

審査は来店不要、契約前の面談は必須

ほぼ全てのファクタリング会社が間違いなく株式会社として存在している中、日本中小企業金融サポート機構の一番の特徴は『一般社団法人』であることです。

一般社団法人は営利を目的として設立することはできません。必ずしも公益を追求する必要はないものの、非営利団体として存在しています。

もちろん存続のためにはある程度の利益を上げなければいけませんが、利益だけを追求するのではなく資金繰りに奔走する会社経営者に対して真に良いサービスを提供しようという姿勢の表れです。

また、ファクタリングだけではなく金融機関からの資金調達のサポートもしてくれます。

2.郵送契約が可能(来店不要)

郵送契約に対応

非営利という以外に言及すべき特徴にはこの『郵送によるファクタリング契約』があります。

基本的にファクタリングでは対面による面談が必要です。これはファクタリング会社としても利用者が信頼できる人物なのかということを見極める必要があるためです。(特に2社間取引)

しかし、利用者からすれば東京まで足を延ばして面談するのは面倒以外の何物でもありません。

そこでファクタリング利用者の利便性を考えて郵送で契約を完結できるようにしました。

通常であれば対面でも面談を希望しないのは悪徳業者の可能性があり怪しいとなるかもしれませんが、同社においてはその点は一切心配無用でしょう。

3.簡単10秒で手数料を無料査定

同機構のホームページ上には簡単10秒で手数料の無料査定ができる診断フォームが設置されています。

これも手数料設定が非常に分かりにくいファクタリングにおいて利用者の心情を理解しているからこその対応でしょう。

ファクタリングの手数料は売掛先の情報や買取希望額などによって大きく変動してしまうため利用者にとっては困りものです。

その不安を少しでも払拭できるようにしようとしている点は大いに評価できます。

4.少額・個人事業主でもOK

ファクタリング 個人事業主

日本中小企業金融サポート機構は100万円を下回る少額取引にも対応しており、利用者は会社などの法人組織だけに限らず個人事業主でも利用可能となっています。

ただし、多くのファクタリング会社がそうであるように、売掛先(売掛金の債務者=取引先)が個人事業主である場合には利用できません。

あくまで利用者が個人事業主、買取対象となる売掛金の相手方は法人でなければなりません。

日本中小企業金融サポート機構 公式サイトへ

日本中小企業金融サポート機構の契約までの流れ

  • STEP1

    手数料無料査定

    公式サイトの無料査定フォームを送信。専属担当から折り返し連絡が来ます。

  • STEP2

    本査定~結果報告

    必要書類を提出すると本査定がなされ、担当から詳しい説明がなされます。

  • STEP3

    契約書郵送

    同社最大の特徴である郵送契約に基づき契約書が郵送されます。

  • STEP4

    契約

    買取完了後は即日で振込入金がなされます。

日本中小企業金融サポート機構の利用に必要な書類

  • 公式サイトに記載なし

ファクタリングの日本中小企業金融サポート機構がおすすめの人

日本中小企業金融サポート機構がおすすめの人

  • 契約や審査に時間や交通費を使いたくない
  • 地方から東京まで面談へ行くのは避けたい
  • 顧客に寄り添ったサービスを提供している業者を探している
  • 郵送で契約を出来るところを探している
  • 安全なファクタリング会社の見分けがつかないと悩んでいる

日本中小企業金融サポート機構の基本情報

団体名 一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構
設立 2017年4月
代表者名 川田 晴斗
所在地 東京都港区芝大門一丁目1-21 成和大門ビル6階
東京都港区芝公園一丁目3-5 ジー・イー・ジャパンビル2階
電話番号 03-6435-8727
営業時間 平日9:30〜19:00
提供サービス 2社間/3社間
買取スピード 最短2日~3日

日本中小企業金融サポート機構のまとめ

日本中小企業金融サポート機構の特徴は以下の4つでした。

  1. 一般社団法人=非営利
  2. 郵送契約が可能(来店不要)
  3. 簡単10秒で手数料無料査定
  4. 少額・個人事業主でもOK

郵送契約では即日ではやり取りが終わらないのは明白ですが、訪問面談の手間を省けるというところにメリットを感じる方にとっては非常に嬉しいサービスだと思います。

怪しいファクタリング企業が多いなかで、心配なく安心して契約できるというのが一番の強みだと言えるでしょう。

複数社から相見積もりを取る際には、必ず入れるべき1社だと考えます。

日本中小企業金融サポート機構 公式サイトへ