ファクタリングで即日現金を手にする方法とは?

今日中に現金が必要なんだが...

銀行融資の審査なんて待っていられない...

すぐに資金調達できる方法はないのか...

会社を経営していると資金繰りが苦しい状況に直面することが多々あります。

銀行融資なんて悠長なことを言ってられないような切羽詰まった状況に追い込まれることもあるでしょうし、そもそも銀行融資が利用できないような財務状況かもしれません。

そんな時でも間違っても闇金に手を出してはいけませんが、心情的には藁にもすがる思いで何でもいいから現金を手に入れなければと追い込まれている経営者の方もいます。

そんな中、ファクタリングなら即日現金を手に入れることもできると聞いてこのサイトをご覧いただいているかもしれませんね。

結論から言って、ファクタリングでの即日融資は可能です。そしてファクタリングという制度は決して怪しいものではありません。

 

即日融資を探しているならファクタリング

資金調達というと「融資」という言葉が頭をよぎりますが、ファクタリングは融資ではありません

御社が取引先企業に対して有している売掛金を割引して売却することで、支払い期日前に現金化する方法です。

融資の場合にセットで登場するのが「審査」ですが、審査には時間がかかるものです。

ファクタリングでは持っている売掛債権を譲渡して現金化する仕組みのため、御社の財務状況が仮に赤字であったり税金を滞納していても関係ありません

そのため即日融資を検討しているのであれば、ファクタリングは非常に有効な資金調達手段となります。

 

ファクタリングで即日現金を手にする方法とは?

ファクタリングでの資金調達の強みは迅速なスピードで現金を手に入れることができることです。

ファクタリングで即日現金を手にする方法は以下の通りです。

  • 即日対応しているファクタリング事業者を選ぶ
  • 3社間ではなく、2社間ファクタリングを選択する
  • できるだけ早い時間に申し込む
  • 必要書類を揃えておく
  • 将来のためにまずは一度実績を作っておく

これだけ見てもよく分からないと思いますので、それぞれ解説します。

 

即日対応しているファクタリング事業者を選ぶ

ファクタリング事業者の中には、そもそも即日での入金に対応していないところも存在します。

最短で一ヶ月程度かかる銀行融資と比べて迅速な資金調達を可能にするのがファクタリングですが、そうは言っても数日程度かかることは普通にあります。

「ファクタリングは審査が不要・甘い」とは言っても、売掛先の信用度や過去の支払い状況などは確認が必要ですので即日で現金化してくれるところは限られてきます。

売掛先が倒産したり支払不能状態に陥ってはファクタリング事業者にとっても大きなリスクとなりますのでこれはやむを得ないところでもあります。

しかし資金難で苦しむ経営者の心情に寄り添って最短即日で対応しているファクタリング業者は存在します。

ですので、即日での現金化を希望される経営者の方は、即日対応しているファクタリング事業者を選ぶように注意してください。

 

3社間ではなく、2社間ファクタリングに対応している業者を選択する

これは少し細かい話になりますが、ファクタリングには大きく分けて2種類が存在します。

一つは御社とファクタリング事業者の間だけで完結する2社間ファクタリングと呼ばれるもの。

そしてもう一つは御社の取引先である売掛先企業の承認を必要とする3社間ファクタリングです。

ファクタリング事業者の資金回収リスクが低いことから3社間ファクタリングでは手数料が低めに設定されます。

ですがもうお気づきの通り、取引先企業に対して通知をし債権譲渡に対して承諾をもらっていては即日での資金調達は困難です。不可能と言ってもいいでしょう。

ですので、2社間ファクタリングに対応しているファクタリング事業者を選ぶことが必要です。

 

午前中のできるだけ早い時間に申し込む

即日対応してくれるファクタリング事業者を選んだとしても、申し込みの時間帯によっては即日での現金化が非常に難しくなります

ファクタリング事業者によっては午後3時までに契約締結まで進めば即日での振込入金が可能としており、午後3時以降にもつれ込んでしまった場合には現金が手に入るのは翌日になってしまったりします。

問い合わせ・申し込みは夜間対応している親切なファクタリング事業者も存在しますが、銀行送金との兼ね合いで入金に関して制限が入ることは変わりません。

ファクタリングの利用を決めたのであれば少しでも早く行動を取ることが良いことは言うまでもありません。

場合によってはそれが勝負の分かれ目になるかもしれませんので、決断したならばできるだけ午前中の早い時間に申し込むようにしましょう。

 

必要書類を揃えておく

即日現金化に対応している業者を選び、さらに申し込みを早い時間に済ませたとしても、契約締結までに必要な書類に不備があっては当日中の入金までこぎつくことができません

ファクタリングでは申し込み・審査から契約時に必要な提出書類というものがありますので、書類の不備で契約できないとならないように、最低限の必要書類について知っておく必要があります。

多くの会社で既に手元にあるものも多く含まれますが、中には取得が必要なものもありますので一度目を通されると良いでしょう。

※必要書類は業者によって多少変わりますので予めご認識ください。

ファクタリングの申し込みや契約に必要な書類

 

将来のためにまずは一度実績を作っておく

これは将来の資金ショートに備えての準備という側面がありますので、これを読んでいる正に本日中に資金調達が必要な経営者の方にとっては関係ないので読み飛ばしていただければと思います。

ファクタリング事業者を初めて利用する場合にはどうしても契約締結までの時間がかかりがちです。

というのも初回の利用に関しては、

  • 商業登記簿などによる御社の存在確認
  • 債権譲渡の対象となる売掛金の債務者(御社の取引先)の信用調査
  • 取引先から御社に対する過去の支払いに問題がないか

等の避けることができない確認事項が存在するからです。

これが2回目以降となると確認作業は一気に簡素化します。

即日現金調達の必要性が出てくる可能性を考えて、早めにファクタリング事業者とのパイプを作っておくことは将来の迅速な資金調達にとって有効な手段と言えるでしょう。

 

個人事業主でも即日で資金調達できる

企業の経営者を念頭に話をしてきてはいましたが、ファクタリングは個人事業主の方でも利用することが可能です。

売掛債権さえ持っていればよいので、会社組織である必要はないんですね。

注意
※売掛債権の債務者(あなたの取引先)は法人であることが求められるのが普通です

個人事業主の方の場合には、取引が小規模で売掛金の額が小さいことが気になるかもしれません。

確かに大抵のファクタリング事業者では大口取引を求めているため、300万円以上など数百万から数千万程度の売掛金を買い取り対象にしていることがあります。

そのため売掛金の額が大きくない個人事業主の方はファクタリングの利用を躊躇してしまうかもしれませんね。

ところがファクタリングで即日現金を手に入れるには逆にあまり売掛金額が多くないほうが有利です。

売掛金額が大きくなればなるほどファクタリング事業者としても慎重にならざるを得ませんから、即日対応しているファクタリング事業者であれば小口債権の買い取りにも対応しているはずです。

 

即日現金化なんてファクタリングは怪しくない?

ファクタリングはアメリカでは既に100年以上の歴史がある資金調達手段と言われていますが、日本ではまだあまり浸透していないので「怪しい」と思う経営者の方もいらっしゃるかもしれません。

確かに悪徳業者やヤミ金業者などがファクタリングを隠れ蓑に悪事を行っている場合もあるにはあります。

しかしファクタリングそれ自体には問題がありません。

事実、経済産業省が中小企業の資金調達手段としてファクタリングの重要性を認識しており、今後ますます社会に浸透させようという試みがなされているぐらいの真っ当な資金調達方法です。

ファクタリングの内容をよく理解できていないと「審査が甘くて即日融資なんて絶対怪しい」と不安になってしまうと思いますが、ファクタリングが売掛債権を割引して買い取っているだけの制度だと理解した今ではその不安ももう払拭されているのではないでしょうか?

銀行融資を常に引き出せる一部の大手優良企業を除けば、中小企業には常に資金調達の悩みが付きまといます。

帳簿上も負債にならずにキャッシュフローを健全化できるというファクタリングのメリットを活かして、御社が経営上の危機を乗り越えられることを切に願います。