新型コロナによる倒産危機を乗り越えるための即日資金調達方法まとめ

コロナウイルスと資金調達

日本だけでなく世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス問題ですが、日本の中小企業は大きな痛手を被っているところも多いですね。

中国を生産拠点とする材料を使って加工・販売へと繋げているビジネスのオーナーは頭を抱えていることと思います。

この世界的なパニック状況の中で、実際に資金難・経営危機による倒産間近という会社経営者の方へ少しでも役に立つ即日資金調達方法をご紹介します。

即日で資金調達が可能なファクタリング

ファクタリングという資金調達方法はまだ日本では馴染みが薄いかもしれませんが、欧米では古くから使われてきた企業の資金繰りの一形態です。

その特徴には以下のようなものがあります。

  • 最短即日での資金調達が可能
  • 売掛金の買取という仕組み
  • 借入ではないので貸借対照表をよごさない

ファクタリングの特徴として、背に腹を変えられない時に一番魅力となるのが最短即日で現金調達ができるという点です。

ファクタリングとは?仕組み・手数料等を図解でわかりやすく解説

ファクタリングなら赤字経営でも調達可能

資金調達となると最初に考えるのは借入だと思います。

これは公的な金融機関はもちろん全ての貸金業者に言えることですが、経営が傾いており赤字経営になっている会社に対して気前よく融資が下りることはほぼありません。

また、仮に融資が下りたとしても審査の過程でかなりの時間がかかってしまうのが辛いところです。

借入れをする以上、貸す側としても貸出先企業の信用状況は入念にチェックしておく必要があるのは理解できます。

ファクタリングの審査は取引先が対象

しかしファクタリングの場合には少し事情が異なります。

簡単に言えば、ファクタリングとは、あなたの会社が取引先に持っている売掛債権を支払日が到達する前に買い取ってもらえる仕組みです。

そのため、審査対象となるのは主にあなたの会社の取引先であり、自社の経営状況が悪化しているかとは関係なく、取引先が優良企業であれば資金調達が可能となります。

(もちろん自社も多少は審査されますが、メインは売掛先の信用を見ます)

現在のような未曽有の事態に巻き込まれ経営不振に悩まされている時の頼れる味方となりえるのがファクタリングという制度なのです。

ファクタリングは手数料が高い

もちろんファクタリングによる資金調達も良い事だけではありません。

主なデメリットとしては手数料がやや高いことが挙げられます。

これはファクタリングの位置づけの考え方にもよりますが、緊急時の資金調達法と捉えれば一時的にコストが余分にかかるのは許容範囲と捉えられるのではないかと思われます。

常に資金繰りがあやしく、ファクタリングを毎月毎月利用して資金調達をするようであれば高コストが負担になるのは目に見えています。

そこまでファクタリングに頼り切ってしまうというのは、もはや企業として危うい状況にありますので根本的な財務状況の改善に取り組む必要があります。

そのため一時的な倒産危機を乗りこえるためといった利用に留めておくことで有用な仕組みと考えることは可能です。

お勧めファクタリング会社とは

上記のような要素を加味すると、ファクタリングに求められているのは

  • 融資が厳しい会社でも
  • 少しでも早く
  • 現金を調達することができる

という点でしょう。

そして、ファクタリングは通常であれば面談というプロセスを経なければならないため、その過程を郵送契約・電話契約といった非対面契約で行える業者というのも使い勝手が良いです。

その観点でいくと現状おススメのファクタリング会社は以下です。

2020年人気・信頼度No.1のファクタリング業者

株式会社ウィット

最短2時間!即日・非対面の株式会社ウィット

見積もり・相談は無料ですので、資金繰りにお困りの方は一度見積もりを検討してみると良いでしょう。